更年期障害とは?

女性はとても繊細な生き物です。一般的に女性が閉経する更年期が訪れると、それに伴い、知らず知らずのうちに心身にあらゆる不調が起こり始めると言われています。
それを「更年期障害」と言います。

 

女性の卵巣の働きは、この更年期になるとどんどん鈍っていきます。女性ホルモンのエストロゲンの量が減少し、ホルモンバランスが乱れ、自律神経にも乱れが生じます。
そして、気分が落ち込んだり、汗をかきやすくなったりといった身体の変化が起こります。

 

顔汗と更年期障害はどう関係するのか?

更年期障害が起こり始めると、ホルモンバランスが乱れ、首から上に大量の汗をかくことがあります。
この現象は「ホットフラッシュ」と言われています。

 

真冬で寒い日でも、なぜか顔汗がひどいという女性は、まさに、更年期障害が起こっている可能性が高いと言えます。その他、更年期が近づいてくると、女性は精神的に不安定になることや、日常生活の小さな出来事でさえストレスに感じてしまうことがあります。

 

その他にも、今まで温厚な性格であった女性が、更年期を境に神経質な性格に変わってしまうということもあると言われています。

 

これは、ストレスを上手くコントロールする身体の機能が低下しているとも言え、その時の発汗は精神性発汗とされています。更年期障害で顔汗をかき始めることで恥ずかしさに陥り、さらに発汗を促してしまうといった悪循環も起こります。

 

更年期障害の時の顔汗はどのようにケアすれば良い?

更年期障害の時の顔汗をコントロールする方法は、実は内面からの方法はありません。
やはり、加齢によって女性ホルモンのバランスが乱れることで引き起こされ、足りない女性ホルモンはもはや身体の中で新しく生成されることはありません。

 

その為、身体の外側から女性ホルモンを補充する方法を選択しましょう。
今では、婦人科を受診すれば、「ピル」を使ったり、「ホルモン注射」をすることで女性ホルモンのバランスを整える治療をすることができます。

 

身体の不調を見逃すことなく、きちんと病院に行くようにしてください。
その他、食生活においては、「大豆イソフラボン」は女性ホルモンに近い働きをしてくれるので、積極的に日常に取り入れるようにしましょう。

 

その他にも、鍼治療や漢方薬を服用することでも顔汗を改善することができます。
女性ホルモンの減少には直接アタックすることはできませんが、「ホットフラッシュ」の軽減に役立つと言われています。

関連ページ

さらしで顔汗が止まる?
さらしを巻くと顔汗が止まる理由についてまとめています。