舞子さんはさらしを巻いている!

舞子さんの発汗対策のひとつとして、さらしを巻くと顔汗が止まるというのです。舞子さんは、夏の暑い時でもあの晴れやかな着物を着て歩く姿を見かけますよね。
どうしてあんなに着こんでいながらも、あれほど涼しそうな顔でいられるのでしょう。

 

顔汗を止めなければ、キレイなメイクも崩れてしまいます。
実は、舞子さんは、昔からの伝統的な「さらし」で顔汗を抑えているのです。これは、帯の位置を高くすることや、ワキの下を圧迫、又は胸のあたりをさらしで強く締めることでツボを刺激し、顔からでる汗を防ぐ効果があるとして、どの舞子さんも実践している方法だと言われています。

 

すごい方法ですね。
私達が普段、「さらし」を使って顔汗を止める方法として使用することはなさそうですが、これも顔汗を止めるひとつの方法として知っておくことで、すぐに対処することができますね。

 

さらしを巻くとなぜ顔汗が止まるの?

さらしを巻くとなぜ顔汗が止まると言われているのでしょうか。
それは、「皮膚圧反射」「半側発汗」という仕組みにあります。「皮膚圧反射」は、身体の部分でどこか一部が発汗しにくいといった状態の時、他の部分から汗を出すという仕組みです。

 

「半側発汗」は、身体の部位で、いずれか上下左右を圧迫することで、圧迫箇所の汗が抑えられて、身体の反対側で発汗が増える仕組みです。
この仕組みから、舞子さんは、さらしを強く巻き、上半身への血流を抑えることで、発汗場所を顔以外の他の部分にコントロールしていることになります。

 

ワキの下や胸を強く圧迫すると、特に上半身部分の血流が抑えられる為、上半身部分の体温が低下して汗をかきにくくなると言われています。
このように舞子さんは様々な工夫をこらしながら芸子に励んでいるということになりますね。

 

さらし以外に使えるものは?

そうです。何も「さらし」だけにこだわる必要はありません。
上半身をキュッと締めることができるものであれば何でも代用しても構いません。

 

もちろん、手軽に使えて、特に出産を経験された女性であれば、必ず自宅に1枚は持っているとされている為、さらしを利用することが手軽とされています。それでも基本、さらしと同様の効果を発揮するものであれば良いということになります。

 

それが紐であったり補正下着であっても構いません。
自分に合ったものを快適に使用or着用することができていれば良いのです。

関連ページ

更年期障害との関係
更年期障害と顔汗の関係についてまとめています。