全身の汗腺を活発化させることが大切

顔汗を止めるには、単に顔だけのことを考えていても汗は止まりません。どんな運動方法でも良いですが、「汗をかく運動」をすることが大切です。少し身体を動かすくらいだと、全身から汗が出るとは言えず、顔汗を止める改善にはなりません。顔だけでなく、全身に汗をかく必要があるのです。では、この汗をかく運動のひとつとしてどのような運動があるでしょう。そのひとつは「ウォーキング」です。ウォーキングだと、時間を決めて毎日コツコツと歩くだけなので、誰でも簡単に時間的な余裕のある方であれば、日課にすることができると思います。仕事が遅く帰って来る男性の方などは、毎朝早い時間にウォーキングすることで、仕事に行く前の日課にすることもできます。ウォーキングのすごいところは、ただ歩いているだけなのに、身体がポカポカして全身に汗をかくことです。一番手軽に、そして飽きることなく長く続けることができる運動法だと思います。

ウォーキングで発汗してきたら代謝アップを実感できる

ウォーキングを続けていくうちにどんどん汗をかきます。
全身の代謝があがってくると、全身から発汗しますが、頭部や顔は冷えてしまった状態なので、あまり汗が出ないこともあります。でも、首を冷やすことで頭部への血液の流れを制限させることができるので、その分発汗を下半身に集中させる運動法もあります。
運動に不慣れな方がその方法を実践すると、めまいを起こすことがあるので、無理に行うことはやめましょう。このように、ウォーキングを頑張って続けていくと、身体の中に眠っていた汗腺がどんどん活発に働き、代謝アップをはかることもできます。身体の汗が顔からだけではなく、全身に分散されることで、顔汗のニオイやベトつきも軽減してくれます。

足湯や手湯で血行促進

顔汗を止める運動のひとつに、足湯や手湯を行うことがあげられます。
これは、運動とは言えない気がしますが、実は、毎日足湯や手湯を10分ほど行うだけで、身体の血行促進につながり、下半身にある汗腺を太く広げてくれることから、運動をした時に、顔からでる汗を抑えてくれる効果につながるのです。
これと並行して、ジョギングやウォーキングを組み合わせても良い効果が得られると思います。
大切なことは、毎日続けることです。
3日坊主になるような運動法では続けることができない為、自分が手軽にできることから始めてみましょう。

 

顔汗を止める方法TOPへ戻る

関連ページ

夏場の顔汗
夏場に顔汗が一気に噴き出す時の対策についてまとめています。
7つの対策
顔汗を瞬時に止める7つの対策についてまとめています。
顔汗を止めるボトックス注射とは
顔汗を止めるボトックス注射についてまとめています。
漢方で止める顔の汗
漢方で止める顔の汗についてまとめています。